精密機械分野のエキスパート新亜光学工業株式会社のココが凄い!

安心安全な生活を送るために新亜光学工業株式会社が開発する製品とは?

ドライブレコーダーと新亜光学工業株式会社の技術

ドライブレコーダーは熱に弱い?

車を運転する際に見逃せないポイントは車内温度。外気温が35℃以上となれば、車内温度が70℃以上となることもあります。人体への影響においてマイナスですが、ドライブレコーダーにとっても過酷な環境です。

録画をする際にSDカードが必要ですが、熱の影響を受けると破損する可能性が増します。たとえ鮮明な画像証拠を残してもその役割を果たせません。

新亜光学工業株式会社の技術なら、可能な範囲で熱対策をしたうえで精密機械の製造をしています。耐久性の高さにも優れており、多くの依頼を受けているようです。

耐久性が高くても、自分なりの対策がオススメです。熱が入り過ぎないように、ドアウインドウを1cmほど開けたり、可能であれば日陰に駐車するようにしましょう。故障トラブル対策を図れるうえ、耐久性の高さも得られます。

耐用年数について知ろう

ドライブレコーダーは安い機器なら1万円以内、高めであれば10万円近くになります。メーカー保証は概ね1年から3年であり、年数が過ぎると機器の不具合や精密機械部品の交換が必要になってきます。録画をするSDカードも、運転中常に作動をすれば耐用年数が縮む傾向にあります。

新亜光学工業株式会社であれば、可能な範囲で耐用年数が高いものを製造します。初期費用は安くないですが、長く使用できるため却ってお得感を得られるでしょう。また、性能の高いドライブレコーダーであれば、頻繁な買替が不要ですし安心安全な運転に繋がるはずです。

より耐用年数を高めるためには、車内温度を高めすぎない、定期的なSDカードのデータ削除をする作業は必要かもしれません。